適当に呟くブログ

マイクラ記事、特にネタにする事が無くなったので、面白そうなアプデが来るまで適当に呟くブログになります。また、呟きは辛口な事もあるので、そういうのが苦手な方はブラウザバックした方がいいかもです。

■■■ ↓商品検索にお使い下さい(^ヮ^) ■■■

Minecraft JE1.15.2がリリース、MultiMCやFabricも対応。導入方法を記述。

Minecraft JE1.15.2がリリースされました。

www.minecraft.net

それに伴いFabricも対応し、Fabric APIも出てます。

これらをMOD管理に便利なMultiMCでの起動方法を記述しておきます。

 

 MultiMCとは、MODやバージョンごとのMinecraftのデータを別の場所に保存する事が出来る凄く便利な物です。

公式のランチャーしか使っていない&バージョンごとの管理が面倒!

って人はMultiMCの導入をおすすめします。

インストール方法等は

MultiMC 導入

で検索すると画像付きのサイト等が出てくるので、そちらを参考にしてみてください。

ダウンロード場所

multimc.org

 

 

MultiMCを起動し、左上にあるインスタンスの追加をクリック。

f:id:GSka:20200123130358p:plain

名前という所は自分で分かりやすい名前を入力。

グループも自分で分かりやすいグループ名を入力。

Windowsとかでいう所のフォルダ名)

バージョンに1.15.2があったらそれを選びOKを押します。

(もし1.15.2が無かったら公式のMinecraftのランチャーで1.15.2をダウンロードします。

公式のランチャーを起動した時点で勝手にダウンロードされると思うので、ダウンロードが終わったらランチャーを終了して下さい。)

f:id:GSka:20200123130929p:plain

今作ったのが表示されたと思います。

作ったアイコンを選び、右側にあるインスタンスの編集をクリックするか、アイコンの上で右クリックし、インスタンスの編集をクリックします。

 

f:id:GSka:20200123131201p:plain

右側にあるFabricをインストールをクリック。

バージョンを選択する画面が出てきてウジャウジャとありますが、今回は0.7.2+build.178を選びます。

f:id:GSka:20200123131404p:plain

こうなればokです。

次にFabric APIというのを導入します。

ダウンロード場所

[1.15.2] Fabric API 0.4.29 build 290

というのをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、MultiMCの先程の画面でLoader modをクリックし、Fabric APIをドラッグ&ドロップでポイします。

f:id:GSka:20200123131746p:plain

これでMOD導入の準備は整いましたので、一度Minecraftを起動してみましょう。

コンソールウィンドウの下に起動というボタンがあるのでクリックしてMinecraftを起動します。

Minecraftが起動し、画面の左下に

f:id:GSka:20200123132003p:plain

と表示されれば成功です。

後は先程のLoader modという所に1.15.2に対応したMODを入れていくだけです。

 

下記MOD使用可能

VoxelMap-1.9.14

f:id:GSka:20200123161423p:plain

言わずと知れたMAPMOD。

Nキーでマーキング出来たり、Mキーで設定画面が出ます。

 

lead-villagers-1.2.0

f:id:GSka:20200123161431p:plain

村人を連れ回す事が出来るMOD。

村移動をしたりする時に非常に便利。